コラム ぶどうあれこれ

あの「マ◯タ」の電動工具に対応!
コスパ最強の互換バッテリー! (゚ロ゚屮)屮

2019/3/6

暖冬の影響もあり、今年は気温が高い日が続きますねー。
先日、内野ぶどう園では早くも萌芽を確認しました!
ついに、ぶどう枝から芽が出てきましたー!

いよいよぶどうのシーズンが、、、始まりますッッ!(*゚∀゚*) キタキターーー!!
おそらく、あと4カ月ほどでぶどう屋を開けれると思いますので、皆さまもう少々お待ち下さい!

さてさて、実は最近、めちゃくちゃアガるお買い物をしたので、取り急ぎ皆さまにご報告 ( ´艸`) ウフフ、、、‼︎

内野ぶどう園では仕事柄、たくさんの電動工具を使用していることはブログでも紹介してきました。

剪定バサミをはじめ、金属などの研磨や切り込みなどに使用するディスクグラインダー、電動ノコギリのレシプロソー、金属などの切断に使用するチップソーなど、ホントに色いろな電動工具を使用しているのですが、これらはみな、充電式のリチウムイオンバッテリーを装着して使用します。

実はこの充電式バッテリーが高価なんですよぇ、、、( ̄▽ ̄)
定価購入だと、1個が14,000円以上します 笑

電動工具が増えると、それだけバッテリーも買い足さないといけないのですが、出費がかさむ今日このごろ 笑

「少しでもバッテリー購入代を安くしたいよォォォオ!! 何か良い方法はないかしらん??」と思い、執念でネットの海を探し回ること約3日(冗談です 笑)

ついに、、、み・つ・け・ま・し・た !!!! (゚ロ゚屮)屮 アッターーー!!!

なんと、ウチがお世話になっている電動工具メーカー「マ◯タ」の“互換バッテリー”なるものを、ネット通販大手のア◯ゾンで見つけてしまいました!!

しかも、値段が2個セットで6,300円って書いてありますけど、、、Σ(゚д゚;) マジカイナ!?
何かの間違いでしょうか 笑笑

(´⊙ω⊙`) ホントに2個で6,300円・・・ ??

(つд⊂)ゴシゴシ

(´⊙ω⊙`) ・・・ !?

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

(´⊙ω⊙`) ………買うか!!!

これは本当に価格破壊です!そして生産国はお察しです 笑
しかし、1個の値段で2つ購入でき、マ◯タ工具と互換性があるならば買わない手はないでしょー (*´∀`)♪

安物買いの銭失いにはなりたくないので、購入にあたってはア◯ゾンのレビュー(評価)もキッチリとチェックしました!(・Д・) キビシクネ
(パチもの購入しといて偉そーなこと言ってスミマセン 笑)

その結果「大丈夫だろう」と結論付けたので、購入を決意しましたよ☆
もともとバッテリーは消耗品ですし、安いに越したことはありません♡

実際に使用してみると、ウチでは全く問題ございません!!
実に良い買い物でした 笑笑

まぁ、長く使って行くうちに寿命など色いろ分かってくるとは思いますが、今のところホントに問題がありません (*^▽^*)
実に良いお買い物をさせていただきました!

そして、マ◯タさん。浮気してごめんなさい (>人<;)
ウチはこよなくマ◯タさんの電動工具を愛しています!
これからも電動工具はマ◯タさん一筋なので、どうぞお許し下さい、、、、m(_ _)m




「マツコの知らない世界」にも出演!
ぶどう生産者・育種家の林慎悟さんが来福!② (*^o^*)

2019/2/26

皆さまこんにちは!(*^▽^*)
暖かい日が多くなり、日も長くなってきました☆ なんだか春めいてきましたねー!

さてさて、今回は前回の続き♪
若き育種家で林ぶどう研究所代表の林慎吾さんに関するお話しです ^_^

林さんを一躍有名にしたのが、自身が手がけた品種「マスカットジパング」です。

種無しで皮ごと美味しくいただけるマスカットジパングは、一粒の大きさがとても大きく、たっぷりの果汁と上品なマスカット香が特徴。
この品種が世に出ると、見た目のインパクトと上品な味わいで、たちまち注目の品種になりました (*゚▽゚*)

「マツコの知らない世界」などテレビ出演も果たし、ふだんスポットの当たらない「育種家」という職種を世に広めて下さった林さん☆
現在、マスカットジパング自体も高値で取引が行われるなど、さぞや人気品種を生み出した恩恵を大きく受けていると思いきや、お話しを伺ってみると育種家の厳しい現実を目の当たりにしました (;ω;)

育種家を語る上で、時おり出てくる言葉があるのですが、それが「育種貧乏」という言葉 (´-`)
実は育種家という職種は、丹精込めて作り上げた品種を世に送り出しても、それに見合った収入が得られていないのが現状なのです。

新品種のぶどうを育てるためには苗木が必要です。そして、本来は多くの農家に育てたい品種の苗木を購入してもらうのがベストです。
しかし、ぶどうは接ぎ木で増やせるため、少ない苗木もしくは枝が一本でも手に入れられれば、そこからやり繰りできてしまう現実があります。(正直、苗木一本分の値段は、品種の開発にかかった費用から考えると驚くほど安いものです)

実際に収入に繋がらない事が一番のネックとなり、現在、育種家は半ば名誉職のような位置付けで、若い育種家も育ちにくい状況になっています。
加えて、育種の重要な交配作業を行う5月はぶどう栽培の忙しい時期と重なり、これも育種家のなり手が増えていかない要因となっています。

内野ぶどう園としては、今後、この現状を何とか変えていくためのお手伝いができればと考えています (*´ω`*)
長い歳月をかけて開発された数々のぶどうがあるからこそ、私たち農家は生計を立てられますので、お互い支え合って進んでいけたらなと思います☆

育種家が新品種開発に打ち込める環境をつくる方法としては、
①売り上げに対してのロイヤリティーのお支払い
②栽培方法など関するコンサル事業など構築
③育種家に年会費を払って会員制度を作って、優先的に新品種などの有益な情報を得る
など、考えたら色いろと出来そうな気がします (*≧∀≦*)

育種家と農家が共に歩んで行ければ、また色いろな魅力的な品種が生まれていくハズです!
その為にも、今後も林さんと交流を持ちながら色いろな形で応援していきたいと思っています!(*≧∀≦*)




「マツコの知らない世界」にも出演!
ぶどう生産者・育種家の林慎悟さんが来福!①\(*≧∀≦*)/

2019/1/29

皆さま、たいへん遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます!
本年も皆さまにとって、実りある年となるようスタッフ一同、心からお祈り申し上げます (-人-)

さっそくですが皆さまは、「育種家」(いくしゅか)という職業ご存知でしょうか??

一言で言うと、農作物や家畜の改良品種を作り出す人たちを指します。
「ブリーダー」と言うと分かりやすいかも知れません (*^_^*) ナルホド!

実は、内野ぶどう園で育てている様々な品種のぶどうも、この育種家の方々が長い年月かけ、労力を惜しまずに作り上げたものなのです。実は育種家って、もの凄いお仕事なのです (๑>◡<๑) スゴイネー!

日々、黙々と育種に励んでいる育種家の方々は、ふだんは陰日向にあって、あまりスポットが当たらないのが現状です。

しかし! 近年、人気番組の「マツコの知らない世界」や「嵐にしやがれ」(いま話題ですよね)などの番組出演を果たし、全国的に注目を集めている若き育種家がいらっしゃいます!

その方こそ、林ぶどう研究所の林慎悟(はやし しんご)さんです!! ✌︎('ω')✌

林さんは、岡山で100年以上も続くぶどう園の4代目。2017年3月に「林ぶどう研究所」https://www.grape-labo.com/を創設しました。

育種を始めて15年の林さんは、10年以上もかけて上品な香りと味が特徴の超大粒ぶどう「マスカットジパング」を生み出しました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

これが話題となってテレビ出演を果たすなど、いま全国的に注目を集める育種家になっているのです!

実は昨年、そんな全国的に有名な育種家である林さんにコンタクトを取り、福岡での講演が実現したのです!(*≧∀≦*) マジカ!

その模様などは、また次回に!

※出典画像 「林ぶどう研究所」https://www.grape-labo.com/より




もはや教材レベル! (゚∀゚)「ぶどうの家系図」が神!

2018/12/24

皆さま、こんばんは!
早速ですが、この図をご覧下さい!

如何でしょうかッッッ!?
実はこの図、ブドウに詳しい方々から見ると、とぉ~~~んでもなくスゴい代物なんです! ((((;゚Д゚)))))))

この図は築地市場ドットコムのスタッフさんたちがまとめ上げたもので、ぶどうの品種一覧が家系図になったものなんです!

皆さまがよく知っている巨峰やシャインマスカット、デラウェアなど、ぶどうには様々な種類がありますよね。

ぶどうの家系図では、100種類以上にも及ぶ品種のぶどうが、どういった繋がりで広がっているのかが、ひと目で分かるようになっているんです!(*≧∀≦*)

最初にこの図を見たとき、その凄さに思わず失禁するかと思いました、、、 :(;゙゚'ω゚'):

個人育種家が生み出したマニアックなぶどうも図に入ってますし、さすが築地市場のスタッフさまは違うなと思いました!(しかも写真付き)
何でも、この図の作成には約2カ月要したとか、、、気合いの入れ方が違います。
築地市場のスタッフさんを崇めたくなりますね!(*≧∀≦*)

この家系図、実に細かく丁寧にまとめあげられていて、もはや教科書レベルの出来栄えです☆ ずっと見ていても飽きません。

この図では、黒色ぶどう、青色ぶどう、赤色ぶどう、色が不明なぶどうと、大まかにぶどうを4つのカテゴリーに分け、分かりやすいようにアイコンで表示してあります。
そして、現在手に入るぶどうの味を確認するとともに、1つひとつ断面図を撮影していったそうです。(その中でも、ワイン用の品種や海外品種は判別が困難で、一苦労したそうです)

作ったスタッフさんのぶどうに対する愛情と情熱を感じる「ぶどうの家系図」は、ホントに素晴らしすぎます! (T ^ T)

内野ぶどう園の事務所をはじめ、自宅のトイレやお風呂場にも貼って、毎日眺めようかなと思ってます! (*^ω^*)

※出典画像 築地市場ドットコムさまツイッターより




ブドウ枝を使ったBBQ! ヾ( ̄∇ ̄ゞ)

2018/11/25

寒くなってきましたね!
内野ぶどう園の果樹園がある大牟田市も、紅葉が終わり、すっかり冬の気配です (*^^*)

さて、内野ぶどう園では現在、ぶどうの剪定を行なっています。
寒い時期に行う剪定作業は、来シーズンのぶどうの出来を決める大事な仕事です。
寒空の下、木の状態を確認し、切る枝、残す枝を見極めながら作業を行っていきます ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

実はこの剪定作業、切った枝が大量に出ます、、、 (^_^;)
切ったぶどうの枝は、頃合いを見計らってまとめて燃やしているのですが、以前から「何か他の用途はないかなぁ」と考えていました。

以前、フラワーアレンジメントをされている方が来園された際、ぶどうの枯れ枝をインテリアなどの材料として使っていただいた事例があるのですが、調べてみると他にも色いろな使い道があることが分かってきました! (・∀・)

その中で、「試してみたい!」と思ったのが、ぶどうの枝を使ったBBQ(バーベキュー)です!

このBBQの燃料には、薪や炭の代わりに剪定作業で出たぶどうの枝を利用します。
この方法は、伝統的なワイン生産国であるフランスやアルメニアなどでワイン用のぶどうを育てている農家が、昔から行なっているスタイルなんだそうです。特にフランスのボルドー地方では、盛んに行われているようですね♪

ヨーロッパのぶどう農家が行なっているBBQ、、、う~ん、なんかお洒落で楽しそうですね! (*≧∀≦*)

このBBQは、まずブドウの枝を燃やし、炭を用意してから始めるんだそうです。そこへ分厚く切った牛肉や豚肉、鶏肉、そして季節の野菜を串に刺して、豪快に焼き上げます(*^ω^*)

BBQと言うよりは「西洋風串焼き」といったところでしょうか。
ぶどうの枝は他の木とは香りが違うらしく、食材を焼き上げる際は良い風味を与えてくれるようですね。何でも、ほのかにぶどうの木の香りがして、とても美味しくなるそうですよ☆

ちなみに、このぶどう枝を使ったBBQは、フランスでは「ブロシェット」、アルメニアでは「ホロヴァッツ」と呼ばれています。

フランスやアルメニアのぶどう農家たちは、家族や親しい友人らと共に、自宅の庭やベランダ、近くの公園などで、こうしたBBQを気軽に楽しんでいるようですね。
無理して遠出をせず、自宅近くで行うのが良いですね。その方が凝った料理も作れそうですし☆

そして、BBQにつきもののお酒!
日本でBBQといえばビールですが、ここではビールではなくワインだそうです!(((o(*゚▽゚*)o)))♡
皆で持ち寄った彩り豊かな前菜をはじめ、ぶどうの枝で焼いた食材を、好きなワインと一緒にゆっくりと楽しむひととき。

うーん、これは近々、真似しなければ 笑 (*゚▽゚*)

内野ぶどう園では、様々な品種のぶどうを育てているので、もしかしたら、燃料に使用するぶどう枝の樹種によって、食材の風味も変わるのかもしれません。
落ち着いたら、色いろと試してみたいですね!

もし、お店などご要望があれば、剪定した状態の良いぶどう枝を「スモークウッド」としてお分けしても良いかな~、などと思っています(๑>◡<๑)


出典
http://jaadiaries.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
https://france3-regions.blog.francetvinfo.fr/cote-chateaux/2017/01/10/au-chateau-poupille-philippe-carille-valorise-ses-sarments-de-vigne-en-bois-de-chauffage.html
https://4travel.jp/travelogue/10325022
https://blog.goo.ne.jp/iide3/e/8c8f654288ba026feeb2b0ce2df83d41
http://www.bbqfestival.fr/présentation.html




オリジナルのノベルティグッズ ^_−☆

2018/11/20

皆さま、こんにちは☆ お元気でお過ごしでしょうか??

あっという間に11月も半ばを過ぎ、寒さも増してきましたね! {{{{(+ω+)}}}} 寒い、、、

さてさて、皆さまは「ノベルティグッズ」なるものをご存知でしょうか??

簡単に説明すると、ノベルティグッズとは商品や事業そのものを宣伝する際に使う「記念品」を指します☆

皆さまは、企業名が印刷されたボールペンやタオルなどをいただいた経験がおありでしょうか? そう、実はあれがノベルティグッズなのです。

実はですね、内野ぶどう園でも作っちゃいました。ノベルティグッズ♡

それがコチラ! (*≧∀≦*) キャー‼︎

ノベルティグッズ1

どーーーーん!!

内野ぶどう園のロゴが入った、ノコギリとハサミです!

うーん、ふだん何気なく使っている仕事道具が可愛く見えてきます (*⁰▿⁰*) アイラシカ...♡

ノベルティグッズ2 ノベルティグッズ3

黒字にシルバーのロゴと文字が良い感じです☆ やはりロゴ入りの道具を使って仕事をすると、多少、オフィシャル感が出るような気がします 笑

ノベルティグッズ4

また、内野ぶどう園には、普段から取引業者さまや行政の方々など割とお客さまお見えになります。
そこで、この何気なく目に入るこのノベルティグッズたちが当園の宣伝をしてくれる! かもしれません ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ちょっとした取り組みですが、意外とこのような細部への気配り的なことが認知度の向上に繋がるのかな、と思う今日この頃です (о´∀`о)





過去のコラム一覧